MENU

【きゅうり】親づると子づるの見分け方

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
成長したきゅうりの株

こんにちは、みぞんです!

  • 親づると子づるって何?
  • 親づると子づるの違いは?

上記の悩みを解決します。

僕も最初、どれが親づるで、どれが子づるなのか分かりませんでした。

この記事を見れば親づると子づるの違いが分かるようになります。

それでは、どうぞ!

目次

きゅうりの親づる

親づるとは、きゅうりの主軸です。

土から伸びている一本の太いつるを親づる」いいます。

この親づるは基本、放任して自分の身長の高さくらいまで伸びたら摘芯します。

親づるの摘芯などについて詳しくは「【きゅうり】敵葉、摘芯、わき芽かきのやり方」の記事で解説しています。

きゅうりの子づる

下から親づるをたどっていくと、葉っぱがつきます。

親づると葉っぱの間から生えてくる、つるを「子づる」といいます。

また、子づると葉っぱの間から生えてくる、つるは「孫づる」です。

子づるや孫づるも定期的に摘芯が必要になります。

詳しくは「【きゅうり】敵葉、摘芯、わき芽かきのやり方」の記事で解説しています。        

まとめ

慣れないと区別がつかない親づると子づるですが、理解できればすぐわかるようになります。

子づるの摘心の際は親づるを切らないように気をつけましょう!

きゅうりをプランターで育てるための全工程」はこちらの記事で解説しています。

あわせて読みたい
きゅうりをプランターで育てるための全工程 こんにちは、みぞんです! プランターできゅうりを育てたいけど、どうやって育てればいいの? と悩んでいませんか? 本記事の内容 きゅうりをプランターで育てるための...

最後までお読みいただきありがとうございました。

おしまい!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次